冷え性におすすめ 夏の冷房病対策はあるの?症状の分析 

Pocket

これから暑くなる季節ですね。

冷房は絶対必要になります。

すると当然コレにかかる人が多くなります。

「冷房(クーラー)病」

冷房の風が苦手な人は結構多いです。

もはや現代病の域を超えるほど一般的になってきました。

対策があれば、と考えてみました。

スポンサーリンク

症状は?

夏は熱が体内にこもりやすくなるので、体が血管を拡張して熱を体外に逃がしやすくしています。

しかしエアコンで室温が下がった部屋に長時間いたり、

涼しい部屋と暑い外への行き来することで血管を収縮させてしまい、自律神経のバランスを崩してしまい、

体の体温調節ができなくなってしまって体に変調を起こさせてしまいます。

始めは手先、足先の冷えを感じます。

いわゆる末端神経の血流が悪くなることです。

次の段階として手足だけでなくお腹や下半身も冷えを感じてきます。

そのために胃腸障害、婦人科疾患、泌尿器疾患の症状が出たりして食欲不振になります。

そしてさらに症状が進むと体全体に冷えを感じて自分で体温調整ができなくなり、疲労感が強くなり、

頭痛、腰痛、肩こりが強く感じられます。

ここまでなる前にちょっとでも「おかしいな」と感じたら対処しましょう。

その対策は?

とりあえず風邪から逃げましょう

エアコンの冷風が直接当たらない場所に移動しましょう。

エアコンの風が直接体に当たると急に体温が奪われます。

エアコンの風が冷たく感じられたなら早めに行動しましょう。

ひざ掛けやブランケットを使って冷やさない工夫も大切です。

夏こそ温かいものを

温かいものを食することで体の内部から温めることが重要です。

外部から冷やされても内側から温めることで体全体が冷えてしまうことが防げます。

夏はどうしても冷たい飲み物やアイスなど冷たいものを欲してしまいます。

なので冷たいものを食べすぎると内蔵に負担がかかってしまいます。

なので、できるだけ冷たい飲み物や食べ物は控えましょう(できるだけ)。

胃腸が弱って、消化吸収の機能低下を引き起こしてしまいます。

それ以外にも、血行が悪くなり身体に老廃物が溜まってしまうなど、いいことはありません。

しかし暑い夏に熱い飲み物を摂るのは難しい時もあるので無理しない程度にしましょうね。

軽い(10分程度)運動がキモ

運動をすることで血行が良くなり、体を内側から温めることができます。

これは自律神経の機能を高めることによて活発にさせ体の熱をコントロールすることができます。

やはりおすすめなのでストレッチと有酸素運動です。

体に負荷をあまりかけずに継続しやすいです。

運動は交感神経の働きをよくするので血行が良くなり冷えには効果的です。

事務等で座り仕事が長い人は、休憩時間ごとに立ってストレッチをすることをオススメします。

運動はハードなものでなくてよいので、毎日続けましょう。

入浴はシャワーではなく湯船に浸かる

暑い夏に熱いお風呂に入るのは少し面倒ですし、

体は温まりますが体が温まってしまって暑くなってしまいます。

はわざわざお風呂を沸かすのも面倒ですよね。

でも38度くらいのちょっとぬるめの温度のお風呂に長めに浸かれば、

疲労も抜けて体を温めることができます。

これは自律神経を整えたり代謝の向上も望めます。

お肌の保湿にもいいですね。

ブランケットやひざ掛けでお腹を守る

冷房の効いた部屋ではひざ掛けやブランケットを積極的に使用しましょう。

腹巻はお腹をを冷やさないようにするのに最適ですが、

仕事中はちょっとつかいずらいですね。

でも通販などでおしゃれなものもあるので探してみてください。

寝るときも使用すると、暑さでかけ布団がずれてしまっても安心です。

夏ですがホッカイロも活用するといいですよ。

まとめ

夏はどうしても涼しいところや冷たいものを欲します。

しかし冷房病で冷えてしまうのはツライものですね。

ちょっとした対策で防げるものなら避けたいものです。

体のなかから温めることを日常、少しでも意識して過ごせば、

ツライ冷房病の症状も抑えられます。

でも、、、涼しい部屋で冷たいビール、飲みたーーーーい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする